実は、レッキとした日本製ですよ。

レッキとした日本製ですよ!

まるで舶来品のようなシューズブランドですが。

英国の精神を学び日本の靴職人の技が育てた匠靴、

それが東京の靴屋さん“ヒロカワ製靴”の「スコッチグレイン」です。



素材を厳選し、部材に工夫を加え、そしてグッドイヤーウエルト製法にこだわり、

靴職人が愛情と技術のすべてを注ぎ込んで作り上げてきたものです。



それも全て、スコッチグレインという靴の良さを理解してもらい、

そして気に入ってもらえる靴を作るためにお洒落な靴として若い世代からも

支持を集めるロングノーズコンフォートをはじめ、

時代に合ったコストパフォーマンスにすぐれた靴を積極的に提案してくれています。



それがスコッチグレインのテーマとするキャリアシューズなんですって・・・。





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。